Topics

【レビュー】もっと誉められていい男(一平さん)

pets 【レビュー】もっと誉められていい男(一平さん)

もっと誉められていい男
THE実験ライブDVD Vol.1~7、漫談アライブDVD
一平さん

「世の中便利になって、ワンクリックで欲しい物が手に入る時代になったけど、ライブというスタイルだけは変わらない。これだけは変わらない。僕らが行かなきゃ始まらないし、お客さんも幾つもの段階を経て会場に来なければいけない。そして二度と同じ空間は生まれない。」
私が30年近くライブに通っているアーティストが時折話す事。
まだシェパード太郎のライブを経験したことのない私は、ワンクリックで入手できるDVDを楽しみにしている。

Vol.6が届いたのは、約1年ぶりとなる休日の前。深夜帰宅し鑑賞。事前に配信されていた予告動画の数々の虜になり、はたまた、どれだけ訪問販売で売れたのか?が気になって一気に観る。
(シェパード太郎が実行するダンカンさんの指令はどれもこれも「マジでやるの!?結果は!?」とお笑いに興味のない人でも振り向いてしまうものばかり)

その勢いでVol.1から全てを一気に鑑賞してみようチャレンジに突入!
???見慣れたはずのVol.1に違和感を覚える・・・何かシェパード太郎が初々しく見える。面白くないのではなく、ようやく歩きだした感じがするのだ。
それは、わずか半年くらいの間にシェパード太郎が急成長した証だと感じる。

続いてVol.2を再生・・・・朝8時、小鳥の囀ずりで目を覚ます。さすがに疲れていたんだと再び再生・・・町内に響く、正午を知らせるチャイムで目が覚める。
気を取り直して再び再生。
午後3時、スタッフが来ないという連絡の着信音で目が覚める。
ここで私のチャレンジは暗礁に乗り上げた。
以来、寝つきの悪い時には必ずVol.2を再生するようにしている。ヒーリング効果抜群だ。
日中はフリスビーにして猫たちと遊び、外出時にはベランダに吊るしてカラス避けにして、夜はヒーリングDVDとして心地よい睡眠をサポートしてくれる、用途が1番広いDVD。それだけにソールドアウトは残念!

Vol.3
阿波踊りで皇居一周したシェパード太郎は一皮剥ける。彼は何かに気付いた。そんな印象を受ける。

Vol.4
出勤した際に店内に流れていたので、即刻「Vol4は店内再生禁止令」を出す。生物学的には非常に興味のある内容。そして、結果を知りたいの分かるが、食べ物をメインに扱っている以上さすがにレジ横では無理だ。

Vol.5
シェパード太郎第2章の幕開け。
オカリナと路上ライブを手に入れたシェパード太郎の躍進が始まる。

そして、Vol.6、7でダンカンさんに怒られる。

しかし、そこに愛があるのが良く分かる。そしてお客さんの声を代弁している。だからこそ現場で怒る。私はそう感じた。そして、成長を認めてくれたからこその鞭だと思う。

とんでもない指令を必死に実行している過程の中に、シェパード太郎の魅力がふんだんに詰め込まれている。それが人々の心を鷲掴みにしていく。そのプロセスをもっと見たいと思っている人も多いのではないだろうか。

1番見たいのは、ダンカンさんかもしれない。
「この指令、シェパード太郎ならどう実行して、どう見せてわらわせる?」
そんなダンカンさんとシェパード太郎の対決。

直球オンリーでいくのか?変化球を織り混ぜるのか?その意味でVol.8が楽しみだ。

この1年、シェパード太郎は本当に走り続け、毎月1回の実験ライブのために精力を傾け、結果急成長を遂げた。
いくつもの段階を経てもライブに行きたいと思わせてくれる。
2018年のシェパード太郎最後の指令実行の地
座・高円寺に12月19日、256の人がワンクリックでチケットを予約し、カレンダーに印を付け、着ていく服を悩み、電車を乗り継ぎ集まることが、きっとシェパード太郎を誉めることになる。
みんなでシェパード太郎を誉めてあげよう。

その他のレビューは
こちらのレビュー専用ページ
でご覧いただけます!

▼ このページをお友達にシェアできます ▼

▼ 案内中のライブ ▼

関連記事